フジワラ アツシ
  藤原 篤之
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 視能療法学科
   職種   助教
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 倉敷市における視覚障害による身体障害者手帳の取得状況調査
掲載誌名 正式名:日本ロービジョン学会誌
掲載区分国内
出版社 日本眼科紀要会
巻・号・頁 16,44-48頁
著者・共著者 金永 圭祐, 藤原 篤之, 田淵 昭雄
発行年月 2017/03
概要 目的:倉敷市における過去5年間の身体障害者手帳(手帳)の取得状況を調査するとともに、全国の手帳管理状況について調査を行った。方法:対象は倉敷市において視覚障害による手帳を取得した者とした。解析は手帳の等級、原因疾患、年代とし、過去5年間の年代別新規認定率を算出した。更に全国の7都市を無作為に抽出し、手帳の管理方法を調査した。結果:該当等級を調査した結果、1級が最多で、原因疾患の1位は網膜色素変性で、2位は緑内障であった。手帳取得の年代は65歳以上が最も多かった。新規認定率は、65歳以上の網膜色素変性が最多であった。手帳の管理方法はすべての都市においてデジタルデータでの管理が行われていた。結論:倉敷市における手帳取得は網膜色素変性が最多であった。そして、全国の手帳管理方法は各都市で異なり、今後、同様の全国調査を行う際には慎重な検討が必要である。(著者抄録)
文献番号 2017335318